Archive

Archive for the ‘Apple’ Category

iPhone 4 が届きました。

7 月 1st, 2010

オンラインでの予約を試みたものの、当日は予約開始後間もなくから夜にかけて予約サーバが止まってしまい、未明の復旧に気がつかずに乗り遅れた私でしたが、なんとか在庫が確保できたということで約一週間遅れで届きました。

これまではブラックモデルは真っ黒なパッケージだったので、一瞬ホワイトモデルが混ざったか!?とか思ったり(笑

さぁ、早速いじり倒すぞ!、、、と行きたいところですが、届いたのが19時を過ぎていたため、ソフトバンクの機種変更の手続きが出来ません;

明日の9時の受け付け開始までもうしばらくのお預けです。

無事に開通したら次はバンパー探し。手に入れられたら例によってストラップホールを加工するつもりですが、うまくできるかな。

iPhone

tumblrデジタルフォトフレーム「tumblrFrame」が気持ちイイ

5 月 23rd, 2010

tumblrの画像が表示できるデジタルフォトフレームがあったらいいのに。。」tumblrユーザの誰もが一度は考えただろうアイディア。それでもこれまで個人的に“しっくり”くるものはなかった。望んでいる機能は、面倒な設定は極力なしに「起動したらダッシュボードの画像が次から次へと表示される」ただこれだけ。

tumblrFrame」(App Store)はまさに、そんな要望に応えるiPad専用のtumblrデジタルフォトフレームアプリだ。

tumblrFrameをインストールしたら、まずは何も考えずに起動すると高画質の風景写真が次から次へと表示される。デフォルトでは、このアカウントを参照しているようだ。これだけでもこのアプリの素晴らしさがわかり、十分楽しめるが、さらに任意のアカウントも指定できる。この設定はインストールするとiPadのシステム環境設定に出てくるようになるので、そこで指定してあげればいい。これまで好みの画像を選び抜いてリブログした自分のアカウントを登録しても良いし、いつもリブログしている好みのtumblrユーザのアカウントを登録してもいい。

また、「構図が同じ向きの画像だけ表示」という縦横自動認識機能をオンにすれば、iPadが縦位置なら縦の画像、横位置なら横画像のみピックアップされるため、常に画像をiPadの高品質スクリーンいっぱいに表示させることができる。

tumblrFrameは任意のtumblrアカウントから画像だけをスライドショーで表示する。基本的にはそれだけ。進む戻る機能もない。気になる画像が表示されたらシングルタップで情報を表示、ダブルタップでリブログすることはできるが、普段はひたすらのんびり流しておいて合間合間にちらりと見ればいい。この手軽さが心地良い。

tumblrFrameは、iPadユーザのための、まさにストレスフリーのtumblrデジタルフォトフレームアプリだ。

Apple, iPad

MacBook Pro 15-inch

4 月 25th, 2010

MacBook Pro 15-inchモデルが先週初めに届きました。環境移行も一段落。とにかく速くて、ハイレゾスクリーンのオプションをつけたので表示領域も広い!

速さに関しては、これまで使っていた初代ユニボディMacBook(2.4GHz/4GB)とは比べものにならないくらいに体感的に快適なのだけど、Core i7かつ、メモリが8GBというのも抜きにしても、実は、今回は思うところがあって「移行アシスタント」を使わずに必要なデータのみ手動で移して、アプリケーションのインストールをはじめ基本的には環境を一から作り直したおかげ、、、というのも大きいかもしれません(これまで、Jaguarあたりの頃から、PowerPCマシンを含めて基本的に上書きインストールで記憶を引き継いできたので;)。
中でも、今回劇的に快適になったのがVMware Fusion。メモリを2GB以上割り当てるとこんなに快適に動くものかと。

OSが10.6.3なのは現行の最新バージョンと同じように見えるのですが、ビルドナンバーが10D2094と少し先行しているようです。慣性スクロールがらみでしょうか?
慣性スクロールといえば、画面のスリープ状態からの復帰がヌルッという感じで起き上がります。これまでは、パッと復帰していたと思うので、この辺も地味にバージョンアップしているのでしょうか。

何にせよ、大変快適なニューマシン。13-inchに比べると大体500 mlペットボトル一本分くらい重くなっちゃったけど、毎日職場に持ち歩いています。肩掛け鞄ではそんなに違いは感じませんでした。

自宅では相変わらず、玉座(スパルタかます)に座らせてCinema LEDに繋げて使っていますが、ちょっと大きくなった分不安定;

7、8年くらい前に秋葉原のT-ZONEの閉店セールで投げ売りされていたのを買ってから、歴代のメインのラップトップマシンを乗せてきたスパルタかます。現行のスパルタかますを見とガイドを調節できたり多機能なので、そろそろ買い換えかなぁ。。。

【玉座に座ったマシン】
iBook(Late 2001)、iBook G4、PowerBook G4 12″、PowerBook G4 17″、MacBook 13″(black)、MacBook Air、MacBook 13″(ユニボディ)、MacBook Pro 15″(←イマココ)

Apple, MacBook/Pro ,

待望の。

4 月 14th, 2010

バイナウしました。待望のCore iシリーズ搭載MacBook Pro。

次のモデルチェンジは17 inchにしようかとも思ったけど、結局ひと晩悩んで今回は15 inchにしました。自宅ではLEDシネマに繋いで使っているので、まぁいっかと。

カスタマイズした内容は、

・ディスプレイ:Hi-Res Glossy Widescreen Display
・メモリ:4GB(標準)→8GB

ディスプレイを1680*1050にしたので、表示領域では前に使っていたPower Mac G4 17inchと同じに。あのときは広大な表示領域にたいそう感動したものですが、今ではフルHDくらいほしいなぁ、、、と思ってしまうのはなんとも贅沢なことです。。

しかし、MacBook Pro もお安くなったものです。17inchが学生・教職員価格で20万を切るなんて。。。G4最終モデルの17inchが30万切ったのに小躍りしていた頃が懐かしいなぁ。

というわけで、注文したばかりでこんなこというのも何ですが、、、フルHDテンキーつきBlu-ray搭載19inchはまだですかね。

Apple, MacBook/Pro ,

マクロレンズ付きケース「Griffin Clarifi for iPhone 3G」

2 月 16th, 2009

以前から気になっていたiPhone 3G用のマクロレンズ付きケース「Griffin Clarifi for iPhone 3G」の販売がついにApple Storeで開始されていました。というわけで、もしかして銀座のストアにも入荷しているかもと思って寄ってみたら売っていたので早速購入。

これまで使っていたケースにはストラップホールを開ける改造をしていて、これが大変便利なので今回も穴を開けました。今回は手を抜かずに2つの穴を開けて、内側でiPhone本体と干渉しないようにヤスリでストラップの紐を逃す溝を削りました。

 

肝心のマクロレンズの効果はてきめん。

ただ、ケースを装着する際にパワーサポートの液晶保護フィルムが一部浮いて剥がれてしまいました。この手のケースは今まで3種類ほど使っていたのですが、これまではこのようなことは起こらなかったので、個体差があるかもしれませんがこのケースは作りが少しタイトなのかもしれません。

しかしながら、マクロレンズの効果はかなり優れているのでこれはかなりオススメのケースのひとつです。これまでは海外から取り寄せないと買えなかったのだけど、もうしばらくすると一般量販店などでも買えるようになるかもしれません。

iPhone

新しい白いMacBookが出た。

1 月 22nd, 2009

新しい白いポリカーボネートMacBookが出ました。てっきり、時期を見てこのまま旧モデルは消えていくものだと思っていたのでちょっとびっくり。

アップデート内容としては、中身がユニボディーMacBookの下位モデル相当になったということで、基本性能が大幅アップ(メモリ規格はDDR2のまま)。それでいて、お値段据え置きの11万4800円ということで、これはかなりお買い得。しかも、FireWireも搭載しているのでユニボディーMacBookに対してのアドバンテージも。。。

初めてMacを買う人にも安心して薦められるモデルです。

 

参考:
白いMacBookがマイナーチェンジ GeForce 9400M搭載ASCII.jp - Mac/iPod

MacBookファミリー(Apple Store)

MacBook/Pro, アップデート

新しいユニボディの17インチMacBook Proが出た。

1 月 7th, 2009

Appleが参加する最後のMacworldの基調講演が今朝未明に行われ、ユニボディの 17インチMacBook ProをはじめiLife ‘09、iWork ‘09などが発表された。

なかでも新しい17インチMacBook ProはMacBookシリーズのなかではただひとつ昨年秋の発表から取り残されていた。今回のエキスポのテーマが“Big”なことからもほぼ発表されることが予想されていただけに、大注目だった。

発表された17インチMacBook Proはユニボディなのはもちろんのこと、ガラスマルチタッチパッドを装備。さらに、新しいバッテリを搭載することで、なんと8時間ものバッテリ駆動を可能にしたとか。その他にも、最大8GBのRAMや、液晶ディスプレイが進化した模様。これまで、ラップトップ製品のディスプレイの質については各所でさまざま言われていたけど、講演のなかで言われていた「今まで出荷したノートブックのなかで最高のディスプレイ」というのは実物を見てみないと何とも言えないけど、かなり期待したいところ。ディスプレイはオプションで非光沢も選択できるので、グレア液晶が苦手の人も安心です。

というわけで、今回発表された17インチMacBook Proについての“Big”は、

  • 新型バッテリで8時間駆動!
  • 最大8GBのRAM!

 

と言うところでしょうか。一方で、BTOで選べるハードディスクから500GBが消えていたり、相変わらずBlu-rayドライブが見送られた(前回の基調講演でも言っていたように、Apple的にはまだ時期尚早なのでしょうか、、、)のはちょっと残念。“Big”ということならハードディスクに関しては、デュアルドライブ!とかも期待したのですが、さすがにスペースがないですね(笑

なんにせよ満を持して発表された17インチMacBook Pro。これだけのスペックで318,800円というのはお安いかも。
 

アップル、17インチMacBook Proを発表
アップル、iLife ‘09を発表
アップル、iWork ‘09を発表

MacBook/Pro

Macworld、まもなく基調講演。

1 月 7th, 2009

まもなく、シラー氏による基調講演が始まります。今回はジョブズ氏の講演ではないということで、ちょっと残念ですが、Appleが参加する最後のMacworldになるということなので、各所の実況などを見ながら楽しみたいと思います。(と言っても、今後は何か発表があるときは随時スペシャルイベントなどを開催するでしょうから、今までに増してサプライズ感がアップするのかな?)

で、今回発表されるものについては各所でいろいろ噂されていますが、個人的にはMac本体には今のところ満足しているので、願わくばマルチタッチに対応した外付けの新しいインプットデバイスが欲しいです。前回、新しいCinemaDisplayとMacBookシリーズが出ましたが、これらと従来のキーボード&マウスの組み合わせじゃせっかくのマルチタッチパッドが生かし切れないので。

なんにせよ、大期待。最後まで起きていられるかはわかりませんが、明日は予定が詰まっているので、早朝から並ぶようなものが出と困、、、るけどやっぱり期待(笑

Apple

iPod shuffle (2nd Generation)が壊れていた。

1 月 4th, 2009

年末の大掃除でiPod shuffle (2nd Generation)が発掘されたので、久しぶりに復帰させようと思って、MacBookに接続したらまったく認識しなくなっていた。

最初はバッテリが放電状態にあって起動しないだけかな、と思っていたのだけど、充電完了後も再生はできても認識せず。試しに、手元にあるMac mini、MacBook Airに接続してみたのだけど、やはり反応なし。。。iTunesで認識しないとなると復元することもできないなぁ、、、と思っていろいろ調べたところ、shuffle向けに iPodリセットユーティリティ が用意されていることがわかったので、これを試してみたら、やはりだめ。認識している風ではあるけれど、「iPodの準備が完了するのを待っています」と出るだけで、先に進まなくなってしまった。

そこで、途方に暮れていると、Apple Discussionsに「システムプロファイラには認識されるけど・・・」というトピックを見つけた。これを参考にしながら自分のところの症状を確認してみると、

  • iTunesには認識されない。
  • システムプロファイラでは単に“iPod”と認識。
  • ディスクユーテリティでは認識しない。
  • iPod Updaterをかけると「iPodの準備が完了するのを待っています」と出たっきり反応なし。
  • ここに来て、今までできていた再生もできなくなり、LEDがトラブルを現す緑とオレンジ交互に点滅。

 

うん、ばっちりここで言われている症状です、、、これは壊れたと判断して良さそう;

というところで、ダメ元で手元にあったWindows機(LOOX U)に接続したらなぜだか認識して、さらにiTunesからもWindows版のiPodリセットユーティリティからも復元することができた!!、、、が、その後にMacに接続するとやはり認識せず。どうやらWindows専用shuffleになってしまったようです;

そんなわけで、最初は気まぐれに復活させようと思ったのに、いざ壊れたとなると新しいのが欲しくなるワケで、そーいえば、今週のエキスポでカード型shuffleか出という噂もあったような、、、でも、いまのクリップ型もけっこう気に入っていたのになぁ、残念。

iPod

App StoreにSimCityが登場!

12 月 18th, 2008

待望のiPhone/touchアプリ、SimCity(App Store)が登場!

早速、購入してプレイしてみた。

ゲーム自体はSimCity 3000ベースで、インターフェイスがiPhone用にカスタマイズされているようだ。

プレイする前はiPhoneの小さい画面では1マス単位の細かい操作でミスが多くなるのでは、、、と心配していたのだけど、まったく心配なかった。道路など、大体の位置に一旦置いたあと、移動や伸ばしたり縮めたりという作業をやって決定をタップするというカタチ。

拡大ではここまで寄れる。SimCity 3000の基本的な機能は盛り込まれていて、車やシムたちの生活も確認できる。

地下マップも完備。これはもう、簡易版SimCityではない!?

ざっとプレイした感想は、想像以上に完成度が高く仕上がっているように思った。SimCity 3000は以前Mac版を購入したことがあったのだけど、当時(G4/733MHz@OS9)はかなり動作が重かったような記憶だった。正直iPhoneでどの程度まで再現できるのか不安だったのだけど、心配いらなかったみたい。(もしかすると、街が発展していくにつれて重くなるかもしれないけど。。)

iPhone ,